"極点測定"の記事一覧

mtex5.3.1付属のZnCuTi-UXDデータをCTRソフトウエアで解析

UXDデータに関しては以前、複数の極点図データが結合したファイルをUXDtoAscソフトウエアで扱っているが、mtexに付属データは極点図毎に別ファイルでdefocusファイルと配向極点図が存在している。 簡単に処理するのは、defocusと配向極点図を別に結合すると処理が簡単になります。 以下にdefocusデータの結合、配向極点…

続きを読むread more

極点測定におけるSchulzスリットの効果

極点測定は、発散光学系でより多くの結晶粒による平均的な方位測定であるが、最近平行ビームによる光学系で測定されるケースがある。 発散光学系では、2θ方向と縦方向に発散しているので、2θ方向は発散スリット(DS)で制限を行い、縦方向はソーラスリット位置で2mmの制限とSchulzスリットで1mm以下に制限を行っている。平行ビームは、2θ方…

続きを読むread more

極点測定におけるα軸、β軸の測定間隔(Step)

極点測定を行う場合、測定条件として、α軸、β軸の測定間隔は通常5度が推奨されているが、一部メーカではデフォルトで3度を推奨されています。極点測定のみを解析するのであれば問題はありませんが、ODFを解析する場合、ODFソフトウエアにより問題が発生します。 LaboTexでアルミニウムのCube方位をシュミレーションし、再計算極点図をEx…

続きを読むread more