3種類のODFが納品されている客先にCTRソフトウエアのupdateに伴う使用説明

コンピュータがWindows10へ移行に伴う、CTRソフトエアのupdateと納品されているODFソフトウエアのインストールに伴うソフトウエアの説明を行った。事前にODF解析結果の比較を行なった資料を添付します。
この資料より、http://をhttp2://に変更します。

サイトトップ
https://helpertex.sakura.ne.jp
掲載記事トップ
https://helpertex.sakura.ne.jp/Soft/DOC2
掲載記事
https://helpertex.sakura.ne.jp/Soft/DOC2/LaboTex-Std-comp.pdf

新しいWindows10はHPで、javaが事前にインストールされていた。
AdopOpenJDK JRE with Hotspot 8.0.22210(X86)

32Bitのjavaであったので、j3D-1.5.2-Windows-586をインストールしたら極点図や逆極点図の3D表示が可能になった。

しかし、LaboTexを使い、終了し、暫く他の作業を行っているとLaboTexが起動出来なくなった。
再起動すれば、LaboTexの使用は可能になる問題が発生する。

この記事へのコメント