XRD極点図、LaboTex入力データCW優先からCCW優先に変更

EBSD解析をLaboTexで行うと、EBSDデータのODF解析から計算される極点図はCW極点図を描画する。この事からXRD極点図もCCWで読み込み、CW表示が適当と思われる。XRDデータ読み込み時、LaboTexでCCW->CW変換されるため、極点図はRD軸に対し、逆転した極点図が表示される。この現象から、PFtoODF3、MakeP…

続きを読むread more

LaboTex、MTEXのODF解析のパラメータに関して

XRDデータをLaboTex,MTEXで解析する場合、パラメータ指定で、ODFが異なった解析結果になる。EBSDデータの場合、LaboTexはパラメーなしで計算できるがMTEXではパラメータがあり選択によっては異なった計算がされる。EBSDデータのLaboTex解析結果に統一すると、解析の際のパラメータは決まります。EBSDデータをMT…

続きを読むread more

MTEXバックグランド,defocus補正Correct()関数の注意点

MTEXによるバックグランド補正やdefocus補正を行うcorrect()関数は、それぞれ、’bg’、’def’で極点図を指定できるが、指定された極点図をデータ加工なしに使われている。本来、バックグランド位置では周辺方位の影響を受けやすいためβ方向の最少値を用いる配慮がされていない。defocusでは、β方向の平均値を用いるが、計算せ…

続きを読むread more