CTRConversionソフトウエアで切り替えたCTRホームホルダの明確化

CTRソフトウエアの評価や、正規版CTRのupdateを行う場合、CTRソフトウエアのホームホルダを切り替え、切り替えたホルダのODFPoleFigureソフトウエアとSoft-Index.htmlのショートカットを作成し使いますが、間違って切り替え前のソフトウエアを使うと誤作動の可能性があります。今回、ODFPoleFigureソフト…

続きを読むread more

2019年最後のCTRソフトウエアdownloadのupを行いました。既設CTRソフトウエアのupdateが行えま…

downloadしたCTRソフトウエア(期間限定)をc:\以外のholderに展開し、newholder\bin\CTRConversionソフトウエアで、旧CTRと新規CTRの比較をDifferencecheck行った後、working holderを切り替えて機能比較してください。working holderを切り替えは旧CTRと新…

続きを読むread more

極点測定におけるSchulzスリットの効果

極点測定は、発散光学系でより多くの結晶粒による平均的な方位測定であるが、最近平行ビームによる光学系で測定されるケースがある。 発散光学系では、2θ方向と縦方向に発散しているので、2θ方向は発散スリット(DS)で制限を行い、縦方向はソーラスリット位置で2mmの制限とSchulzスリットで1mm以下に制限を行っている。平行ビームは、2θ方…

続きを読むread more