LaboTex極点図Exportの問題点

LaboTexでは、結晶座標系と直交座標系の関係が特殊でC軸とZ軸を一致させる座標系が採用されています。 Monoclinicなどでは、極点図のミラー指数の取り方が異なります。 問題は、ExportしたTPFファイルの極点図ミラー指数{hkl}にマイナスが存在するとミラー指数内部で計算が行われてしまい、意味不明なミラー指数に変わって…

続きを読むread more

LaboTexでODF解析後のエラー評価、ODF図、再計算極点図、逆極点図の解析

StandardODFと同様に、LaboTexでODF解析後のCTRソフトウエアによる解析手順を簡素に説明できるソフトウエアを作成しました。従来は、ODF解析後、ODFAterToolsから各ソフトウエアを立ち上げ、ファイルを選択した方法でしたが、最初にworkHolderを指定すれば、全てのソフトウエアでファイル指定なしにご使用可能で…

続きを読むread more

StandardODF解析結果のエラー評価、ODF図、極点図、逆極点図

CTRソフトウエアでは、StandardODFの解析結果に対して、エラー評価、ODF図の解析、再計算極点図表示、逆極点図解析を別々のToolsから起動して評価していました。 今回、StandardODFDisplayソフトウエアにより、1か所から各種解析を可能に致しました。 以下を参考にして下さい。 http://helper…

続きを読むread more