LaboTexにODFデータの平滑化を実現LaboTexODFFile

LaboTexでEBSDデータなどを扱うと、ODFデータの平滑化が欲しくなり実現致しました。 LaboTexでは、ODF解析を行うと、C:\LaboTex2以下にバイナリーデータが登録されます。 VolumeFractionを計算すると、VolumeFractionから計算したODF図も登録されます。 今回作成したソフトウ…

続きを読むread more

OxfordのEBSDデータをLaboTexやTexToolsで解析

従来、OIMとOxfordで測定したEBSDデータをEBSDtoLaboTexソフトウエアでLaboTexで読み込めるSORファイルに変換し、LaboTexの各種処理が利用できました。TexToolsでは、OIMのAngデータは読み込めるがOxfordデータは読み込めませんでした。 今回、EBSDtoLaboTex(Ver.2.10)…

続きを読むread more

EBSDより解析したODF,極点図、逆極点図の平滑化

EBSDはXRDに比べ、測定領域が狭く、測定される結晶粒の数が少ない。 この為、EBSDデータをLaboTexで解析する場合、ODF図や再計算極点図、逆極点図などが凸凹して描画されてしまう。この凸凹の平滑化がCTRソフトウエアで可能になります。 EBSDデータは,1行にφ1、Φ、φ2情報が登録されているテキストデータであれば評価出来…

続きを読むread more