popLAによるODF解析

popLAはLos Alamosが1995年以前にDOSバージョンとして作成し、配布しているODFソフトウエアです。世界中で多数の研究者がこのソフトウエアを使われています。ODF計算はWindows7の32bit版で使えます。 CTRの場合、PFtoODF3ソフトウエアでRAWファイルを作成し、C:\Xホルダにコピーすれば、W…

続きを読むread more

CBOやX線レンズ光学系の粗大粒径材料極点測定

極点測定は発散系の光学系で測定が行われています。最近、CBOやX線レンズを用いた光学系で極点測定が行われています。この光学系は入射ビームの並行性が高いため、粗大粒径材料では測定出来ません。 従来、粗大粒径材料では、材料を揺動して粒径数を多くした測定がされていましたが、並行性の高い光学系では材料を揺動する機構が付属していません。これでは…

続きを読むread more

ODF解析後の逆極点図

ODF解析すると逆極点図が表示できます。しかしこの逆極点図から何を得られるかが問題になります。 ODFソフトウエアにより得られる情報が異なります。TexToolsはND,TD,RD方向の方位分布、LaboTexは方位指数を指定してその方位と垂直な面分布、popLAやStandardODFは、逆極点図のみを表示しています。 TexTo…

続きを読むread more