アルミニウムの極点測定、解析、ODFのError評価と結晶方位の定量

アルミニウム材の極点測定から各種情報を計算される際に、極点測定のErrorが気になることはありませんか? このError評価は、ODF解析する際に、入力極点図とODF解析後の再計算極点図を比較する事で分かります。 複数の極点図からODF解析すると、ODFは測定の矛盾のある方位の評価を下げて計算しているので、ODF解析結果のError…

続きを読むread more

鉄試料のdefocus補正にアルミニウムrandomデータを用いる

鉄のrandom試料作成は非常に難しく、実際に鉄のrandom試料で測定したデータでdefocus補正を行っているユーザは少ない。しかし、Schulzの反射法のdefocus曲線は、測定2θ角度と測定受光スリットに関係する事が知られている。今回、鉄のdefocus補正曲線をアルミニウムで測定したデータから鉄のdefocus補正に用いる方…

続きを読むread more

最適化Rp%とODF解析結果

CTRフルパッケージでは、ODFPoleFigureソフトウエアで、入力極点図とODF解析結果の再計算極点図から計算されるRp%と同じような簡易Rp%の計算が可能になりました。この効果をODF解析結果から比較を行ってみました。Rp%の小さいデータで比較を行いましたが、Rp%の最適化でODF解析結果のErrorが小さくなる事が確認出来ます…

続きを読むread more