PANalytical社で測定したデータから逆極点解析、Lotgering解析

PANalytical社では測定データフォーマットとしてxrdmlファイルが一般化しています。このデータをASCデータに変換出来れば、CTRパッケージソフトウエアの全ての機能を使えます。 例えば、Cluster解析、逆極点解析、Lotgering解析などの材料配向比較など手軽に利用出来ます。 xrdmlファイルをASCファイルに変換…

続きを読むread more

PANalytical社の極点測定データからODF(LaboTex)

先日、PANaLytical製のシステムで測定した極点データをLaboTexで解析してみました。 反射光学系は、入射側X線レンズ、受光側は、0.04rad(2.3deg)のソーラスリットであった。 粉末試料によるrandom測定を行い、配向材料の解析を行って見た。 極点図測定では、ピーク極点図測定、random測定、バックグランド…

続きを読むread more

中国上海でODFの説明

久しぶりに中国上海に8月後半に出張しました。R社のサンプルチェンジャー極点、B社の極点と購入され、今回、R社の極点を購入され、測定、データ処理の説明を行った。ODFでは、すでにB社のシステムにLaboTex(Ver.3.0.19)が組み合わせられていたが、新たにR社のシステムにLaboTex(Ver.3.0.31)が追加された。 Ve…

続きを読むread more