ODF解析のpopLA入力データ

popLA解析では、Harmonic法とWIMV法解析がサポートされているが、入力データのα軸範囲は80度である。 Schulzの反射法ではα軸範囲は75度であり、このデータをWIMV法で解析を行うと、外周部分の1点欠落した影響が見られるケースがある。この対策のため、極点解析したデータをpopLA入力データに変換するPFtoODF3ソ…

続きを読むread more

ODF解析のpopLA入力データ

popLA解析では、Harmonic法とWIMV法解析がサポートされているが、入力データのα軸範囲は80度である。 Schulzの反射法ではα軸範囲は75度であり、このデータをWIMV法で解析を行うと、外周部分の1点欠落した影響が見られるケースがある。この対策のため、極点解析したデータをpopLA入力データに変換するPFtoODF3ソ…

続きを読むread more